FC2ブログ
プロフィール

hapimama

Author:hapimama
日々のことやお気に入りのこと

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブクログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
QRコード

QRコード

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。』

映画化やドラマ化でなにやら人気だということで、

これは一度は読んでおこうと思いました。

図書館で予約して、やっと読めました。

医療系のミステリーって、読むのが初めてなのでどんな感じかな・・・。

と思いましたが、特に抵抗はなかったです。

ただ、すごくストーリーが面白かったというより、

登場人物が魅力的でした。

出世には目もくれない主人公が、

術死の謎を追うわけですが、

その方法や、独自の調査方法が面白かったです。

個人的に、名前の由来を一人一人聞いていくとか。

病院の中をとりまく、脇役の先生や看護士も面白い人でした。

ただ、とても期待していただけに、読んだ後に満足は出来ませんでした。

でも、続編とか読むと思います。たぶん。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

<< ユタとふしぎな仲間たち / 三浦 哲郎 // HOME // 連休を終えて・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mamamusuhappy.blog70.fc2.com/tb.php/169-2a7256de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。