FC2ブログ
プロフィール

hapimama

Author:hapimama
日々のことやお気に入りのこと

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブクログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
QRコード

QRコード

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線を計る機械。

線量計。

欲しい・・・!!

でも高いです。

一台五万円くらい。

しかも、ネットで調べると、

この機械はダメとか、中国製はダメとか・・・。

色んな情報があって、しかも専門的なことになると全然分からず。

いったいどれがいいの?



国や県や市で、貸し出して欲しいです。

福島市は一時貸出も実施したようですが、

子供をもつ父母が殺到し、貸出を打ち切ったそうな。

一家庭に一台ずつ貸してたらそりゃそうなりますよね。

たとえば、線量計も限りがあると思うので、回覧板のように、町内会区切りでまわすとか?



娘の学校の校庭の土は削ったので放射線値が下がりましたが、

家の周りや家の中の放射線量を計って、

自分で出来る限りの除線をしたいです。

サッシに溜まった土を洗い流したり、

窓を洗ったり。

コンクリートの場所は水で洗い流せるので。

土は無理みたいですが。

娘を外で遊ばせずに家の中で遊ばせていますが、

実際自分の家の中がどのくらいあるのか分からないですもの。

数値の高いところ、低いところとか知りたいし。


子供が浴びる放射線量を年間20ミリから1ミリへなど、

下がってくれたのは嬉しいです。

でも学校でのみの数値。

登下校や自宅でのものは入っていません。


放射線って、発見されてからまだ110年しか経ってないらしいです。

だから研究者でも意見が分かれたり、分からないことが多いらしいです。

だったら、もっと最悪の事も考えた意見を取り入れて慎重にやってほしいです。


今、子供達が浴びている放射線量は、

病院にいる放射線技師さんが浴びる年間量より多いそうです。

だったら、放射線技師さんたちが付けている、線量の積算量を測る測定器を子供達に携帯させて、

定期的に検診をさせるのが当然の事では?

というのが、かかりつけのお医者様の意見でした。

なるほど、放射線にも詳しいお医者さんが言う事だとすごく説得力がある。

そして、ぜひそうして欲しい!!

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

<< ドラマ 八日目の蝉 再放送 // HOME // 気がつけば30歳 >>
そうですよね。
かかりつけのお医者さんのおっしゃること、
ほんとうにごもっともだと思います。
チェルノブイリなどの事例もあるのですから、
健康被害についてもっと考えてゆかねばなりませんよね。

線量計については、確かに精度の問題などがあるそうですね。
そうですよね。
貸出の制度があればいいですよね。
風向きなどによっても値が変わるとのことですから、
なおさら日々計測したいですよね。
【2011/06/04 Sat】 URL // noco #- [ 編集 ]
nocoさんへ
こんにちは。

チェルノブイリの例をとってみても、
原発事故なんていうのは
結局後から、
『実は本当はダメだった』みたいな事ばかりで。
実際、福島原発でもメルトダウンが起きていて、
じゃあ、事故直後に言っていた
『大丈夫です。』の言葉は安心させるためのうそだったんだな。
とか、なら今の私達はどうなのか。
とか、不安がよぎったりします。
実際福島県民は、健康状態を国に管理されるそうで、
私達は実験台にされているのか。なんて
悔しく思います。

放射線は少しの環境の違いでムラがでるみたいなので、
実際自分の自宅がどのくらいあるか計ってみたいです。

娘の小学校では校庭の土を削って、
その後数値が下がりました。
逆に数値を計っている学校の方が安心なくらいで・・・。
自宅、通学路などを計ってみたいです。
【2011/06/04 Sat】 URL // hapimama #IAmA4RkY [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mamamusuhappy.blog70.fc2.com/tb.php/217-0fb504e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。